こんな人はまだ建設業で独立するな!と思う人

こんな人はまだ建設業で独立するな!と思う人

「建設業で独立したいんです。」

その様なご相談をよく受けます。

そんな時に、「良いんじゃないですか。」と思う人と、「まだ独立は待った方が良い。」と思う人の2通りの人がいます。

当然その独立希望者の話を聞いてそう感じるわけです。

では、独立をお勧めできる人とはどのような条件の人を見てそう感じるかを書いていきます。

1.どの様に仕事を取っていくかの明確なビジョンがなく、また自分で仕事を取ったことがない。

仕事は建設業を立ち上げれば自然と降ってくるものではありません。

職人として勤めていた時は、会社から仕事が降ってきましたが、独立すれば仕事は自分で獲得していかなければなりません。

起業をすれば何とかなると考えている人も時々いますが、明確なビジョンがなければ何ともならないと考えた方が良いでしょう。

ただでさえ、明確なビジョンを持っていてもビジョン通りにいかないのが経営です。

従って、できるだけ独立前の勤め人時代から試しに自分で仕事を取っておく方が良いです。

できれば、創業当初から充分な売上が見込めるだけの集客技術を身に付けてから独立することです。

2.お金がなく、お金に対しての知識がない。

集客の知識と同じくらい大事なのはお金です。お金が自然と湧いてくる何かを持っていれば、お金に対する知識など持っていなくても構いませんが、もし定期的にお金を稼ぐ必要があるのであれば、必要な知識です。

お金の知識はあるのとないのでは、天と地の違いがあります。

建設業を創業した当初の資金はいくら必要なのか。

創業融資を受けることは可能か。

助成金・補助金の申請などはできるのか。

固定費をどの程度にするか。

など色々なお金の知識が必要です。

それらを完璧に自分一人でできる必要はありませんが、自分一人で建設業を立ち上げるのであれば、最低限の知識は必要となります。

また、お金の知識がないのと同時にお金がないのも問題です。

会社が武器であれば、お金は弾です。

弾がなければ戦えません。

是非とも創業前からしっかりと貯金をしておいて下さい。

貯金額については、人それぞれですが、私の基準では500万円だと考えています。

この金額は、建設業許可申請時に必要となる金額です。

建設業許可申請では、500万円以上の資金到達能力があることを要求されます。

これは、借入れでも問題はないのですが、建設業を創業したいのであれば、是非とも貯金で貯めて頂ければと思います。

そのうえで、創業融資も受けてもらいたいんですけどね(^^

創業融資は創業時しか受けられない、有利な融資ですから、お金を借りる感覚も身に付けてもらいたいです。

3.人を指導した経験がない。人を使った経験がない。

一人で一生懸命仕事をしている場合は構いませんが、会社を発展させていくためには、人の力を借りる必要があります。

会社を大きくできる人は、上手に人を使える能力のある人だと理解しましょう。

オレが社長なんだからオレの言うとおりにしてれば良い。

などという考えを持っていれば、その会社は決して発展しないでしょう。

実を言いますと、日本が高度成長期の時代であれば、この考え方でも会社は発展してました。

でも、今は時代が違う。

日本の成長は鈍化し、建設業者も減り続けています。

従業員は会社が気に入らなければ、さっさと辞めて次の会社に行くか、仕事を任せられるようになったと思った途端に独立されてしまいます。

是非とも従業員一人一人の人間性を尊重してあげながら、経営をしていく必要があります。

まとめ

建設業で独立を目指す人の中には、情熱だけで何とかなると思っていたり、

今の会社が嫌だから独立をしたいと考えていたり、

あるいは、一生懸命仕事をすれば、成功できると考えている人もいるようですが、

それは間違いです(^^;

建設業で成功をするためには、しっかりとした準備が必要です。

しっかりとした準備をした上で、一生懸命仕事をする。

そうすれば、失敗のリスクを最小限にできます。

是非ともしっかりと準備をしてから、独立に踏み切ってください。

  • お問い合わせはこちら
Top