ちょっとした気の緩みがケガに繋がりますよね。

ちょっとした気の緩みがケガに繋がりますよね。

建設業は、キツイ、キタナイ、キケンの3Kの仕事だと言われていますね。

確かにそう思います。

私の働いていた職場でもそうでした(^^;

きつかったですね。常に腰痛で、毎日の様にコルセットをして仕事をしていました。

が、コルセットって毎日しててもダメみたいですね。

そのせいか腹筋まで痛める事態となりました。

また、

汚さの面でもすごかったです。

私の場合はとにかく埃ですね。50cm先も見えないくらい埃が舞っているときもありました。

おかげで鼻毛が伸びるのが早いんですよね。しょっちゅう切ってました。

最後はキケン。

これが一番でしょうね。

キツイ、キタナイは別に大したことないと思います。

淡々と仕事をすれば良いだけだし、

何せ建設業の職人は面白い(^^

だから、キツイ・キタナイは大したことはない。

だけど、キケンは辛いですね。特にケガは辛い。

治るケガであれば、大したことありませんが、傷害が残るようなケガの場合は一生モノです。

私の場合も、右手人差し指の指先を落としました(^^;

まぁ、今から考えるとこれも大したことないのですが、ケガをした当初は不安でしたよ。

ですが、今から考えれば、ケガをする時ってなんとなく分かりますね。

ヒヤリハットではないですが、なんとなくケガのリスクが高まっているような感じがあります。

大きなけがをする前後は、細かいケガをたくさんしたりしますね。

注意力が鈍っているのでしょう。

私の場合もまさに注意力が鈍っている時にケガをしました。

疲れがたまって注意力が鈍っている

通常のルールを守らずに楽をしようとして横着をする

=大けが

この方程式です。

だから、どんなに疲れていても横着はいけませんね。

横着しても一度は上手くいったりするんですよね。だからまたやる。

ケガはそんな時にしますね。

私の場合もそうでした。

気を付けましょう(^^;

  • お問い合わせはこちら
Top