リピートして購入してもらう

リピートして購入してもらう

建設業の業者の経営者の方と話をしていると、「うちの仕事はリピートなんてしない」と仰るかたも多くいます。

確かに工事だけ見るとリピートなどしないのかもしれません。

ただし、これからは日本国内の人口が減少していき、工事の数自体が少なくなっていく事も予想されます。

そんな中でいつまでも新規のお客様ばかりを集めていたら、新規獲得コストばかり高くなってしまい、工事を施工しても利益が出ないという悪循環に陥ってしまう可能性が出てきます。

そんな時に考えてほしいのが、リピートして購入してもらうという考え方です。

通常の場合、広告宣伝を行い、見込客を得、営業して成約するまでのコストが最も高くつきます

その後、そのお客様にリピート購入してもらえれば、顧客獲得コストは0円で済むわけです。

このリピート購入のお客様が増えれば増えるほど経営は安定していくと言っても過言ではありません。

では、どうすればこの状態を作れるのでしょうか?

大きく分類すると以下の様になる思います。

1.既存のお客様に定期的に接触するようなシステムを作る。

これは、一度工事を行なったら、それで終わりとするのではなく、例えば○○通信の様に、会社の案内や施工した工事がどうすれば良い状態を長く続けられるかというような「お客様にとって役立つ情報」を1ヶ月~3ヶ月に1回程度お客様に郵送する方法です。

これにより、新たに工事の必要が生じた時に、真っ先に自社にお問い合わせをいただく様にします。

2.お客様を紹介してもらう様にシステムを作る。

基本的には、1と同じです。1をしっかりと行っていれば、お客様の知り合いにお困りの方がいらっしゃれば、「こんな親切な会社がある」と積極的にお客様を紹介してくださると思います。

3.保守点検サービスのような新たなサービスを作る。

これは、建設業の工事は、定期的なメンテナンスが必要になる場合も多いと思います。そうでなければ、なんでも構いませんので、その様なサービスを作ればよいのです。

それにより、定期的な収入が発生し、会社の経営を安定させてくれます。

また、新規の工事が発生したときには、まず自分の会社に声をかけてくれるでしょう。

以上です。

会社の安定は、いかにこのリピートしてくれるお客様を増やすかにかかっていると私は思います。

今現在このシステムをお持ちでないのであれば、是非とも今日から考えてみてはいかがでしょうか?

  • お問い合わせはこちら
Top