一人で開業するのなら電話代行の活用も考えよう

一人で開業するのなら電話代行の活用も考えよう

建設業で会社を作るにしても、一人親方でやるにしても独立して仕事をする場合は、すべての作業を自分で行う必要があります。

・集客
・成約
・工事
・集金
・納税

など、色々です。

まして、建設業許可申請までも自分で行ったとすれば、

・建設業許可申請
・決算変更届
・5年毎の更新申請

など、まともに集客ができ、定期的に仕事を取れる人であれば、到底一人でできる訳がありません。

また、一人でできたとしても、打合せ中や工事中は電話に出られないかもしれませんし、まして、運転中などには出られないでしょう。

そんな時に活用できるものとして、

電話代行サービス

があります。

電話代行サービスと言えば、なんとなくサービスは分かると思いますが、本人に代わって電話を受けてくれるサービスです。

その受けた電話は、自分の指定したメールアドレスに内容を書いて送ってくれるというサービスがほとんどのようです。

料金は数千円~1万円程度。

これで慌てて電話に出なければならない緊張感から解放され、それぞれの仕事に集中できるのですから、安いものだと思いませんか?

自分の会社にかかってきた電話を自分の携帯電話に転送しても良いですし、家族が電話を取ってくれればそれも良いかもしれません。

料金にメリットを感じられるのであれば、検討しても良いかもしれません。

  • お問い合わせはこちら
Top