一人親方で建設業許可を取得した場合、現場に行けなくなるのでしょうか?

一人親方で建設業許可を取得した場合、現場に行けなくなるのでしょうか?

Q.現在一人親方として建設業に従事しております。この度元請からの要請に応じて、建設業許可の取得を考えておりますが、建設業許可を取得した場合、現場に行くことはできなくなるのでしょうか?

A.まず、一人親方の方でも要件を満たせば建設業許可を取得することは可能です。

建設業を取得するために必要な要件は以下の通りです。

1.経営業務の管理責任者がいること

2.専任技術者を営業所ごとに置いていること

3.請負契約に関して誠実性を有していること

4.請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること。

5.欠格要件に該当しないこと。

これらの要件を満たせば一人親方であっても建設業許可を取得することは可能です。

ただし、ここで一つ問題が生じます。この問題こそが、質問者様の懸念していることだと思います。

経営業務の管理責任者と専任技術者は「営業所に常勤」する必要があるという点です。

一人親方や少人数の個人事業主の多くは、経営者自らが現場に行かなければならない訳ですから、ずっと営業所にいるなど不可能でしょう。

この点においては、現在は事実上黙認されています。

将来的には、一人親方として請け負う工事は認められなくなる可能性もない訳ではありません。

ただし、現在元請からの要請があるのであれば、建設業許可を受けるべきだと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top