一般建設業許可と特定建設業許可の違い

一般建設業許可と特定建設業許可の違い

建設業の許可は、一般建設業と特定建設業に区分されます。

この特定建設業許可は、簡単に言うと下請保護のためにあります。何故なら、特定建設業許可は、元請から下請に出す金額についての制約だからです。ある一定額以上の下請代金以上の工事を下請けに施工させるためには、特定建設業許可が必要となります。

その為、特定建設業許可の許可の要件は、一般建設業許可に比べて厳しくなっています。また、自分自身が全て下請で工事を行なっている場合などは、一般建設業許可で大丈夫です。

1.特定建設業許可

建設工事の最初の発注者から直接工事を請け負う元請が、1件の工事について下請代金の額が、3,000万円以上となる下請契約を締結して工事を施工する場合は、特定建設業の許可を受けなければなりません。

※下請契約が2以上あるときはその総額が3,000万円となります。

※建築一式工事の場合は4,500万円となります。

※上記の金額には元請が提供する材料等の価格は含まれません。

2.一般建設業許可

特定建設業許可以外の場合は一般建設業許可が必要となります。

同一の業者の場合、一つ業種の許可を特定建設業許可で受けて、別の業種の許可を一般建設業許可で受けることが可能です。ただし、同じ業種で特定建設業許可と一般建設業許可の両方を受けることはできません。

  • お問い合わせはこちら
Top