一般建設業許可申請の500万円以上の資金調達能力について

一般建設業許可申請の500万円以上の資金調達能力について

Q.一般建設業許可申請の要件の中に「500万円以上の資金調達能力があること」とありますが、具体的にはどのように証明するのでしょうか?

A.一般建設業許可の要件の中には、「請負契約を履行するに足る財産的基礎等のあること」という要件があります。詳しくは以下の①~③のいずれかに該当する必要があります。

①直前の決算において自己資本の額が500万円以上あること

②500万円以上の資金調達能力のあること

③直前5年間許可を受けて継続して営業した実績のあること

上記のうち③に関してはそのままですし、もうすでに建設業許可を取得している業者ですので、問題はないと思います。

①に関しては、以下のような説明となります。

個人の場合…直前の決算の期首資本金、事業主借勘定及び事業主利益の合計額から事業主貸勘定の額を控除した額に負債の部に計上されている利益留保性の引当金及び準備金の額を加えた額が500万円以上あること。

法人の場合…直前の決算の純資産合計の額が500万円以上あること。

②に関しては、以下の通りです。

主要取引金融機関発行の500万円以上の預貯金残高証明書を提出できること。

また、設立後一度も決算を迎えていない会社の場合には、開始貸借対照表で資本金500万円以上あることとなります。

  • お問い合わせはこちら
Top