仕事がない時にやる唯一のこと

仕事がない時にやる唯一のこと

建設業に限りませんが、景気には波があります。

独立して順調に仕事を受注していたとしても、景気の変動や元請の都合などにより、仕事の依頼が来ないときがある。

そんな時に何をするか…。

当然「集客」です

現場の仕事が忙しい時は、集客がおろそかになりがちです。

…だから仕事が切れてしまうのかもしれませんね^^;

いづれにしても仕事がないのですから、仕事を作らなければなりません。

待っていても仕事は来ないと思っておいた方が良いでしょうし、いかなる時も集客ができる技術を身に付けておくと「経営」と「精神」の安定につながります。

ところでこの集客を苦手とする方が結構います。

何故かというと、集客ができないからに他なりません。

では、何故できないのか…。

できないという人の話を聞いていると明らかです。

それは、

すぐにやめてしまうからです。

例えば、

「チラシは反応がないから止めました」

「何枚まいたんです?」

「3,000枚です。」

「…。」

この例は、極端かも知れませんが、実際にあることです。

せっかく反響の取れるようないいチラシを作ったとしても、もともとまく枚数が少なければ、反響など取れるはずがない。

反響が取れなければ、より良いチラシを作ることもできません。

ただし、

やみくもにやれば良いというわけではありません。

しっかりとターゲットを設定する必要があります。

・どこに自分のサービスを喜んで買ってくれる人がいるのか?
・どんな人なのか?
・どんな悩みを持っているのか?
・その悩みを自分はどうやって解決してあげられるのか?

など、色々な角度から考えましょう。

そして、実行に移す。

・チラシ(ポスティング・新聞折り込み)
・ホームページ
・飛び込み営業(法人・個人)
・看板
・DM

など、できることはたくさんあります。

是非とも、時間を無駄にすることなく、どんどん動いてほしいと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top