個人事業主ですが、建設業許可を取得することは可能ですか?

個人事業主ですが、建設業許可を取得することは可能ですか?

Q.現在個人で建設業をしています。建設業許可を取得したいと考えているのですが、個人事業主でも建設業許可の取得は可能でしょうか?

A.個人事業主でも建設業許可の取得は可能です。

建設業許可の要件は、以下の通りとなっており、要件を全て満たしていれば許可を取得することは可能です。

建設業許可の要件

1.経営業務の管理責任者がいること

例)許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有するなど

2.専任技術者を営業所ごとに配置していること

例)許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し10年以上の実務経験を有するなど

3.請負契約に関して誠実性を有していること

例)暴力団の構成員である場合や建築士法・宅建業法などで、免許取消処分を受け、その最終処分の日から5年を経過しないなど

4.請負契約を履行するに足る財産的基礎又は、金銭的信用を有していること

例)金融機関発行の500万円以上の預貯金残高証明書を提出できることなど

5.欠格要件に該当しないこと

例)成年後見人若しくは保佐人又は破産者で復権を得ない者でないことなど

ここでは、詳しい説明は省略しますが、個人事業主でも要件を満たせば建設業許可の取得は可能です。

ただし、注意する必要があるのは、現在は個人事業主として建設業を営んでおりますが、将来法人にするという場合には、建設業の許可を再度取得する必要があるという点です。

建設業の許可を取得するためには、膨大な書類の作成と、添付書類を収集する必要があります。

もし将来法人にする可能性があるのであれば、先に法人にしてから建設業許可の申請をすることも検討してはいかがでしょうか?

  • お問い合わせはこちら
Top