同時期入社の二人の新人の違い

同時期入社の二人の新人の違い

ある建設会社の社長の話です。

その会社では同時期に二人の社員を採用したそうです。

その二人の新人はいずれも未経験での入社だったそうですが、

社長の目から見て、大きな違いがありました。

建設業未経験ですから、両方とも知識がないのは当たり前ですが、その会社ではあえて建設業未経験の人をを採用し、自社のやり方を一から教え込むという方法を採用しているそうです。

確かに、前職も建設業界で働いていた人は、前の会社のやり方を持ち込んで、新しい会社では使い難い人材となってしまうパターンも多々あります。

それを防止するためのようです。

さて、話を戻します。

その二人の新入社員ですが、一体何が違うかと言いますと、

「スピード」

だそうです。

建設業界未経験ですので、作業のスピードは上げようがありません。

それでも「スピード」を上げることは可能です。

例えば、道具を取りに行く時に「歩く」のではなく、「走る」といったところでしょう。

これは経験者だろうと未経験者だろうと入社当日からできることです。

私自身も経験の浅い時、当時勤めいていた会社の先輩から、

「仕事ができないんだから、せめて走れ!」

と言われました。

…本当はもっとキツイ言い方でしたが(^^;

ですが、大事なことだと思います。

この小さな差が、やがて大きな差になると思います。

そもそも、初めから走っている人間は意識が違います。

差が出るのは当然でしょう。

  • お問い合わせはこちら
Top