専任技術者の変更について

専任技術者の変更について

Q.建設業許可を10年以上前に取得しましたが、この度専任技術者となっている者が独立を希望ります。私としては、独立を応援してあげたいのですが、他に資格を持つものがいません。この場合どのようにすれば良いでしょうか?

A.まず専任技術者の要件を確認していきましょう。専任技術者となるには、必ずしも資格を持っていなければならない訳ではありません。資格取得者がいなくても、それ以外で要件を満たせれば大丈夫です。

専任技術者の要件

次の1~3のいずれかに該当する者が専任技術者の要件を満たします。

1.許可を受けようとする建設業の工事に関し、以下の実務経験を有する者

高校の所定学科を卒業後、5年以上の実務経験

大学の所定学科を卒業後、3年以上の実務経験

2.許可を受けようとする建設業の工事に関し、学歴・資格関係なく10年以上の実務経験を有する者

3.一定の資格を有する者

今回の場合、3番の資格を有する方が他にいない訳ですので、まずは、1か2で専任技術者の要件を満たせるかを確認していきます。

また、どうしても要件を満たせない様であれば、新たに要件を満たす方を雇用する必要が出てくるでしょう。

ひとつ気を付けて頂きたいことは、現在の専任技術者の方が独立する前に新たな専任技術者の方を用意する必要があるという点です。

たとえ1日でも専任技術者が会社にいないと建設業許可を維持できなくなりますので、注意しましょう。

  • お問い合わせはこちら
Top