工事の内容と許可の種類

工事の内容と許可の種類

建設業許可は全部で28業種あり、建設工事を請負い施工するためには、

その工事の種類に応じた建設業の許可が必要です。

 

そこで、工事の種類を判断する必要がありますが、「建設工事」については、

土木建築に関する工事で、建設業法の別表第一の上覧に上げるものをいうとされています。

 

建設業法別表第一

別表第一

(上覧)※左側部分

土木一式工事 土木工事業
建築一式工事 建築工事業
大工工事 大工工事業
左官工事 左官工事業
とび・土工・コンクリート工事 とび・土工工事業
石工事 石工事業
屋根工事 屋根工事業
電気工事 電気工事業
管工事 管工事業
タイル・れんが・ブロツク工事 タイル・れんが・ブロツク工事業
鋼構造物工事 鋼構造物工事業
鉄筋工事 鉄筋工事業
ほ装工事 ほ装工事業
しゆんせつ工事 しゆんせつ工事業
板金工事 板金工事業
ガラス工事 ガラス工事業
塗装工事 塗装工事業
防水工事 防水工事業
内装仕上工事 内装仕上工事業
機械器具設置工事 機械器具設置工事業
熱絶縁工事 熱絶縁工事業
電気通信工事 電気通信工事業
造園工事 造園工事業
さく井工事 さく井工事業
建具工事 建具工事業
水道施設工事 水道施設工事業
消防施設工事 消防施設工事業
清掃施設工事 清掃施設工事業

 

この別表第一の上覧には、2つの一式工事と26の専門工事の種類が掲げられていますが、更にその内容が具体的に分かるように、告示や通達が出されています。

 

 

 告示と通達について

告示や通達では、建設工事の種類ごとに、その建設工事の内容及び建設工事の例が示されています。

 

例えば、左官工事であれば、

建設工事の内容は

「工作物に壁土、モルタル、漆くい、プラスター、繊維等をこて塗り、吹付け、又ははり付ける工事」とされており、建設工事の例示として「左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事」

が揚げられています。

 

これらは、現実の建設業における施工の実態を前提として、

施工技術の相違、取引慣行等により分類されたものですが、

各工事の内容はそれぞれ他の工事の内容と重複する場合もあります。

 

また、時代の変遷により施工技術の進歩発展又は施工実態の変化に伴って変化するするものであるとされています。

そのため、典型的でないものについては必要に応じて、行政庁に確認するのが良いでしょう。

 

 

必要な許可について

それぞれの工事について、どのような許可が必要かいくつか例をあげます。

 

①電気に関連する配管工事(電話、テレビ、インターホン、電気、自動火災報知機)の場合

→電気の配電等に係るものについては、「電気工事業」

→自動火災報知機に係るものについては「消防設備工事業」

→電話、テレビ、インターホンに係るものについては「電気通信工事業」

 

②ごみの飛散防止のために高さ5メートル程度の多数のポールを設置し、これにネットを取り付ける工事

→とび・土工工事業

 

③塗装工場内の「臭気や排気を除去する装置」の設置工事

→管工事業

 

※必要に応じて許可行政庁に確認して下さい。

 

 

  • お問い合わせはこちら
Top