建設工事に該当しない業務と建設業許可が不要な軽微な工事について

建設工事に該当しない業務と建設業許可が不要な軽微な工事について

Q.建設工事に該当しない業務と建設業許可が不要な軽微な工事について教えて下さい。

A.建設業は、元請・下請その他いかなる名義を持っていするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。

そんな建設業の中で、建設工事に該当しないものは以下のとおりです。

建設工事に該当しない工事

・剪定、除草、草刈り、伐採

・道路・緑地・公園・ビル等の清掃や管理、建築物・工作物の養生や洗浄

・施設・設備・機器等の保守点検、電球等の消耗部品の交換

・調査、測量、設計

・運搬、残土搬出、地質調査、埋蔵文化財発掘、観測や測定を目的とした掘削

・船舶や航空機など土地に定着しない動産の築造・設備機器取付

・自家用工作物に関する工事

また、建設業には許可を要しない「軽微な工事」があります。この軽微な工事に該当する場合には、建設業の許可は必要ありません。

軽微な工事について

・建築一式工事の場合の「軽微な工事」

次のいずれかに該当する場合

1.一件の請負代金が1,500万円(消費税込)未満の工事

2.請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事

・建築一式工事以外の場合の「軽微な工事」

一件の請負代金が500万円(消費税込)未満の工事

  • お問い合わせはこちら
Top