建設業で仕事を頂く方法

建設業で仕事を頂く方法

建設業の独立予定者に「独立後はどうやって仕事を頂く予定ですか?」をすると、「分からない」と答える人がいます。

しかも結構な確率でいます(^^;

独立開業をして、建設会社を作れば、勝手に仕事がやってくるとでも思っているのかもしれませんが、それは考えが甘いと思っておくべきでしょう。

そもそも、高度成長期の時代や建設会社自体が少ない時代であれば、建設会社自体が少ないのですから、黙っていても仕事を得ることはできたでしょう。

ただし、現在の日本の景気は高度成長期でもありませんし、建設業は余っており、どんどん倒産している状況です。

そんな中で新たに建設会社を立ち上げるとなると、しっかりとした独立後の事を考えてから企業をするべきでしょう。

会社は売上がなくては続きません。

売上を作るには、仕事をする必要があります。

従って、まずは仕事を得ることが創業期の会社にとっては大事なことなのです。

そこで、今回は建設業で仕事を得る方法について考えてみます。

1.建設業で仕事を得る方法

・チラシやインターネットなどで自分で集客する。

・他の建設会社に紹介してもらう。

・お客様や知り合いに紹介してもらう。

まずは、この程度だと思います。

これらの中のどれかを選択するのではなく、全ての方法を同時進行で行っていく必要があります。

2.チラシやインターネットなどで自分で集客する方法

会社の業績を安定させるには、自分で仕事を得る必要があります。

他の企業からの紹介のみで売り上げを作っていれば、その企業の方針が変わったり、倒産してしまったら、売上が上がらなくなってしまいます。

また、不当に安い金額で工事を請負わなくてはならない事態にもなりかねません。

その様な事態を防ぐには、自分で集客をするしかありません。

その集客のツールとして利用するのが、チラシやインターネットです。

これらの方法は、是非とも独立前までにある程度身に付けてほしいというのが私の考えです。

そして、ある程度売り上げの見込がたつくらい自分で集客ができるようになってから、独立をしてほしいと思います。

3.他の建設会社に紹介をしてもらう方法

自分で仕事を獲得する方法に続いて大事なのは、他の建設会社から紹介を得る方法です。

これもいろいろと方法があります。

例えば、

・仕事以外の場所で知り合った他社の社長や担当者から仕事を紹介してもらう方法。

→例えば、異業種交流会などで知り合った人がこれに該当するかと思いますが、私の経験上では、知り合えるかどうかは運であり、あまりお勧めはできません。

ただし、運で知り合えることもありますし、他の仕事以外の関係で色々な話を聞けることもあるので、ためしに参加してみるのは良いと思います。

・他の建設会社へ飛び込み営業をする。

飛び込み営業から仕事を得る方法は、初めから仕事上の付き合いとなり、効果的な方法です。

ただし、ただ闇雲に飛び込み営業を行っていては、断りの連続となり、嫌になってしまうでしょう。

飛び込み営業というのも効果的な方法があります。

その方法をしっかりと学んだ上で、継続して行って頂きたいと思います。

・自社のサイトやチラシを見た他の業者からの紹介

これは、自社のチラシやホームページなどをしっかりと作り込んでおくことで得られるメリットです。

ですから、しっかりとチラシやホームページは作りこんでいきましょう。

4.お客様や知り合いに紹介してもらう。

お客様の紹介を得るということは、新規で得られたお客様に満足して頂き、初めて可能取ります。

つまりこの方法は「新規」ではあまり発生しない方法です。

ですが、長期的に会社を安定させていくためには、是非とも欲しい仕事の獲得方法となります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

仕事を得る方法でも複数あるのが分かったと思います。

これらの方法をバランス良く行うことで、会社の売上は安定していきます。

是非ともそれぞれの方法をしっかりと実践していって欲しいと思います。

ただし、これから起業をする人は自分で仕事を獲得する方法は勤め人時代から学んで頂くことをお勧めします。

なかなか動きだせない人は、1年とか期限を切って取り組んでみてはいかがでしょうか。
また、もう起業した後に仕事の獲得で苦労しているようであれば、全ての方法をどんどん試していくしか方法はありません。

一刻の猶予もありませんので、とにかくどんどん動いて下さい。

  • お問い合わせはこちら
Top