建設業で個人事業者はおススメできない理由

建設業で個人事業者はおススメできない理由

建設業許可は個人でも法人でも取得することは可能です。

従って、「個人事業主をしているのですが…」という相談も時々あります。

「建設業許可の取得は可能ですが…。」という話はしてますが、

同時に、

「どうして法人にしないのですか?」とも聞きます。

まぁ大体理由など無いようです。

理由がないのであれば、建設業許可の申請をする前に個人事業を法人にしておいた方が良いです。

もともと個人事業は経営という側面から見れば、法人に比べて不利になる場合が多いです。

また、近年では会社を作るのも簡単ですし、昔は資本金1,000万円以上なければ株式会社は作れませんでしたが、

今では資本金1円からでも会社を作る事ができます。

とは言え、資本金1円で会社を作ってはいけません。

何故なら、建設業許可の要件の中に「500万円以上の資金を調達できること」というものがあるからです。

これは結局は法人でも個人でも必要ですので、せっかくであれば資本金500万円で会社を作って建設業許可申請をすれば良いと思います。

また、建設業許可取得後の事を考えても、個人事業であれば自分一人の為の建設業許可となり、次世代に自分の許可を引き継ぐことはできません。

ただし、会社であれば次世代にも自分の会社と建設業許可を残すことが可能です。

ちなみに、個人事業主の時に取得した建設業許可は、その後法人にしても、許可を引き継ぐことはできません。

従って、再度建設業許可を取得し直す必要があります。

以上の結果から、建設業許可の申請をする前に、個人事業なのであれば会社にしてから許可申請をすることを検討してくださいね(^^

  • お問い合わせはこちら
Top