建設業で成功するためのヒト・モノ・カネ

建設業で成功するためのヒト・モノ・カネ

建設業で成功するために必要なものは、ヒト・モノ・カネです。

これはビジネスで成功するためには必須のものですが、建設業では特に必要だと感じます。

それぞれ説明していきますと、

ヒトについて

・そもそも腕の立つ職人がいなければ、建設業は成り立ちません。

・建設業許可を取得するためには、経営業務管理責任者と専任技術者の要件を満たすヒトがいなければ、建設業許可の取得はできません。

モノについて

・建設業では、さまざまな道具が必要になります。

・建設業では設備投資は常にしていく必要があり、モノを常に最新の状態に保って行かなければ、時代遅れになります。

カネについて

・会社を発展させるためには、時に借金をする必要があり、適切な借金ができる社長が建設業で勝てます。

・建設業許可申請の要件で、500万円以上の資金調達能力が問われます。

この様に、建設業では見事に「ヒト・モノ・カネ」の要件が必要となります。

やはり大切なものは?

では、この中でも最も大事にすべきは何かと言いますと、

やはり「ヒト」という事になるでしょう。

職人の腕が良ければ建設会社が大きくなるわけではありませんが、大きくなる建設会社はやはりしっかりとした工事をします。

それが評判となり、新規のお客様の獲得に繋がりますし、リピートに繋がりますし、既存のお客様からの紹介を頂く事ができます。

また、建設業許可においては、経営業務管理責任者や専任技術者の要件を1日でも欠いてしまえば、許可の取り消しとなってしまいます。

そんな時には、どれだけ要件を満たすヒトが社内にいるかがカギとなります。

ヒトが良ければ、カネに繋がり、カネがあれば、モノが買えます。

そんな好循環を築ければ良いですね(^^

  • お問い合わせはこちら
Top