建設業で集客を成功させるために磨きたい能力

建設業で集客を成功させるために磨きたい能力

建設業界で腕を磨き、職人として独立したあと、自分でお客さんを集客しなければならなくなります。

ただし、建設業の世界では、事実上は社員であるにもかかわらず、独立したように見せかけることも慣習的に行われているようですので、この場合は除きます。

さて、本当に独立し、自分で会社を立ち上げたあとにまずやらなければならないことは「集客」です。

集客なくして、営業はできず、営業なくして仕事は取れず、仕事がなくして売り上げは立ちません。

だからまず「集客」をする必要があります。

ただし、突然集客と言われても、建設業で職人をしていただけでは集客の知識はつかないでしょうし、途方に暮れてしまうと思います。

そこで今回は、集客を成功するために是非とも身に付けて頂きたい「文章力」についてお話したいと思います。

集客の上手い人は、多くの場合、文章を書くことが上手いです。

この文章ですが、ただ単に教科書的な物を書ければ良いのではなく、相手の心に刺さり、行動を促す文章である必要があります。

この様な文章を書くには、人の購買心理を多少は知っている必要があり、そこまで要求すると膨大な知識が必要となってしまいます。

その点に関しましては、ここで説明するにも困難ですので、それを勉強するためのおススメの書籍を紹介しておきます。

・神田昌典さんの本

・影響力の武器

神田昌典さんの本はマーケティングのみならず、営業面でも勉強になる事が多いので、建設業で独立して経営者となる方は、是非とも読んで頂きたいです。

また、影響力の武器は、人間の行動の原則が書いてあります。

すべて読むにはなかなか時間がかかりますが、余力があれば読んで頂きたいです。

これらの本をよく読んで頂き、あとは「実践」をします。

とにかく文章を書いて、書いて、書きまくる。

チラシで集客するのであれば、少額でテストを繰り返してみる。

そして改善を繰り返して行きます。

建設業の職人の仕事も日々の努力が必要ですが、文章力もそれと同じです。

建設業で成功をしたいのであれば、是非とも頑張って頂きたいと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top