建設業とお金の話

建設業とお金の話

建設業で社長になるためには、お金についての感覚がなければなりません。

建設業界では長らくどんぶり勘定が当たり前の業界となっていました。

ただし、それは日本経済が成長しており、それに伴って建設業界全体の市場が伸びていたからこそ可能だったと言えるでしょう。

現在は日本経済自体が縮小していくので、それに伴い建設業界も縮小していきます。

当然これからの建設業もどんぶり勘定というわけにはいかず、しっかりとお金の管理をしていく必要があります。

そしてお金の管理自体は信頼のおける社員に任せても良いのですが、最終チェックは社長自身が把握しておくべきです。

そこで、社長になる人は独立前からしっかりとしたお金の感覚を身に付けておいてほしいと思います。

建設業で社長になるために会社員時代からできるトレーニングと言えば、

・貯金する

・集客費用を把握する

・帳簿の知識を身に付ける

・投資感覚を身に付ける

1.貯金する

起業するには、まずは自分で貯金して欲しいと思います。

この貯金の過程を通じて、お金を大事に使う感覚を身に付けておいてほしいのです。

起業をすれば、まずは少しの資金を効果的に使う必要が出てきます。

その様な創業時に、会社員時代と同じようにお金を使っていては、あっという間に資金難となってしまいます。

ですから、是非とも建設業で起業を目指す人は、会社員時代から節約し、しっかりとお金を貯金して欲しいと思います。

2.集客費用を把握する

起業する人の中には、起業後にどうやってお客様を集めるかを考えてない人が結構います。

会社は売上が上がらなければ倒産しますし、その売上はお客様に貢献する事で生まれます。

つまり、お客様がいなければ売上も上がらない訳です。

その為の費用が大体どのくらいなのかを把握して欲しいと思います。

この費用は把握するのは、とにかく自分で集客をしてみる以外方法がありません。

これ自体はできるだけ少ない予算で試してほしいと思います。

例えば、毎月大体決まった給料貰えるのであれば、給料分から貯金の費用○万円、集客の勉強費用○万円と予算を決めてどんどん試してほしいと思います。

3.帳簿の知識を身に付ける

会社のお金の流れにはルールがあり、それは簿記の知識を身に付けることで得られます。

建設業で職人をしているだけでは必要のない知識ですが、社長となれば経営者ですから、是非ともこの知識は身に付けてほしいと思います。

簿記には3級~1級までありますが、2級くらいの知識で十分ですし、2級の勉強がどうしても嫌であれば、3級の勉強でも良いでしょう。

ただし、1級の勉強までする必要はありません。

ここまで勉強するのは時間の無駄で、そんな時間があるのであれば、集客をどうするかに頭を使って欲しいと思います。

また、建設業経理士という建設業専門の経理資格がありますので、そちらにチャレンジするのも良いでしょう。

4.投資感覚を身に付る

投資と言えば、株式投資、不動産投資などを思い浮かべることが多いと思いますが、ここで身に付けてほしいのは、経営者としての投資感覚です。

つまり、お金を借りてビジネスに投資し、リターンで利益を出す。

あるいは、人を雇って仕事をしてもらい、利益を出す。

これらこそが、経営者としての投資感覚です。

これらの投資感覚がないと、いつまでも自分一人で工事をしていく事になり、いつまでたっても会社は成長する事ができません。

これらの感覚を身に付けるには、

・創業時に創業融資を利用して、お金を借りることへの抵抗感を拭い去る。

・人を雇うイメージを常に持っておき、どのような仕事を任せられるかのイメージをしておく。

などによってスムーズに身に付けることができます。

是非ともこれらを意識しながら日々を過ごしてほしいと思います。

5.まとめ

社長は最初自分のお金を使って起業します。

それは、会社が成長した後もオーナー社長であれば、本質的には自分のお金を使っているのと同じです。

ですから、是非ともお金の感覚を身に付けてから起業して欲しいと思いますし、

既に起業している社長がこれらの感覚を持っておらず、会社の成長について悩んでいるのであれば、早急にお金の感覚を身に付けてほしいと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top