建設業を開業して4年半ですが、許可を受ける方法はありますか?

建設業を開業して4年半ですが、許可を受ける方法はありますか?

Q.建設業を開業して4年半になります。独立前は建設業界にいたわけではありません。訳あって建設業を開業し、この度取引先から建設業の許可を取得するように言われました。建設業を取得することは可能でしょうか?

A.まず建設業許可の要件を確認しておきましょう。

建設業許可の要件

1.経営業務の管理責任者がいること

2.専任技術者を営業所ごとにおいていること

3.請負契約に関して誠実性を有していること

4.請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること

5.欠格要件に該当しないこと

上記の1から5を全て満たす必要があります。

上記のうち、今回ポイントとなるのが1の経営業の管理責任者だと思います。

経営業務の管理責任者の要件について

経営業務の管理責任者は、以下の①から③のうち、いずれかを常勤の役員のうち一人が該当している必要があります。

①許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

②許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

③経営業務管理責任者に準ずる地位にあって、執行役員等として5年以上、または、7年以上経営業務を補佐した経験を有する者

今回のご相談者様の場合はどうか

今回の質問者様の場合、現在の経験が4年半であり、また、以前の会社も建設業ではなかったことから、こちらの要件は満たしません。ただし、常勤の役員のうち一人がこの要件を満たしていれば良い訳ですので、可能性はあります。

  • お問い合わせはこちら
Top