建設業未経験者が会社設立時に建設業許可を取得する方法

建設業未経験者が会社設立時に建設業許可を取得する方法

建設業許可がなくても建設会社を作って営業することは可能です。

ですが、

建設業許可があった方がよりチャンスは広がりますし、これからの時代は建設業許可を持っていない建設会社は生き残っていけないのではないかとも思います。

少なくとも「やる気のある建設業社長」は建設業許可の取得を目指しますし、まだ若く許可の要件を満たさない社長は、要件を満たすのを今か今かと待っています。

…ところで、私の知ってい社長に「建設業未経験でありながら、会社設立とほぼ同時に建設業許可を取得」し、見事なスタートダッシュをした人がいます。

建設業未経験でありながら、どうして建設業許可を取得できたかと言いますと、話は簡単です。

「自分で要件を満たさないのであれば、要件を満たす人を雇えばいいだけ」

という事になります。

建設業許可申請の中で、大きな要件となるのは、

・経営業務管理責任者

・専任技術者

・500万円以上の資金調達力

となります。

このうち、経営業務管理責任者と専任技術者は「建設業経験」や「国家資格等」がなければ満たすことはできません。

自分でできるのはお金だけで、ここは会社設立時に開始貸借対照表で500万円以上の資本金で会社設立をする必要があります。

経営業務管理責任者の要件を満たす人を、取締役として雇い入れます。

また、専任技術者の要件を満たす人も雇い入れます。

これで、建設業許可申請ができます。

この場合、社長の仕事は明確です。

・集客

・営業

・経理

が、主な社長の仕事です。

これは社長としての本来の業務となり、社長業に専念できて帰って良いかもしれませんね(^^

社長は待機している従業員の為に、どんどん仕事を取ってこなければなりません。

建設業の場合、職人上がり人が社長になる場合がほとんどですが、職人が経営者になる過程でつまづくことも多いです。

あるいは、職人から抜け切れず、いつまでたっても会社は小さいままのところが多い。

初めから社長業に専念できるのであれば、会社は大きく発展しやすいかもしれません。

  • お問い合わせはこちら
Top