建設業許可ないけど、工事やっちゃいます。

建設業許可ないけど、工事やっちゃいます。

「建設業許可持ってないけど、実査許可が必要な工事の依頼がきてもやっちゃうよ」

なんていう専門家からすれば、ショッキングな話を実際に、建設業の社長から聞いた事もあります。

建設業許可を取らずに500万円以上の工事など

絶対にやってはいけません。

少なくとも健全に事業を営んでいくという気持ちがあるのであれば。また、将来も建設業を続けて行こうというのであれば。

当然この行為は建設業法違反であり、罰則規定ももちろんあります。

これは仕事を請け負う業者だけの問題ではなく、仕事を発注した元請の業者も処分の対象となってしまいます。

ですから、元請業者は下請負契約を結ぶ前にしっかりと確認しなければなりません。

また、請負う側は建設業許可を持っていなければ、その事をしっかりと言わなければなりませんし、今は許可要件を満たさずに、建設業許可の取得ができないのであれば、許可の取得ができるまで、しっかりと実績を積みましょう。

商売は健全に行うのが絶対条件です。

ズルをして、一時的に儲けたとしても、その様な実績では長続きさせることは不可能です。

法律は「知らなかった」では済まされません。

許可の必要な工事依頼がいつ来ても良いように、許可要件を満たした時点で、建設業許可の取得を検討しましょう。

  • お問い合わせはこちら
Top