建設業許可の専任技術者の10年の実務経験について

建設業許可の専任技術者の10年の実務経験について

建設業許可の要件の一つである専任技術者の件です。

この専任技術者ですが、国家資格などがあれば証明しやすいのですが、必ずしも全員が国家資格で要件を満たすわけではありません。

なかには実務経験で要件を満たす方もいます。

その実務経験ですが、10年の実務経験があれば、専任技術者の要件を満たすことができます。

また、時々ある質問ですが、この実務経験は建設業許可業者でのみ認められるのかというものがありますが、建設業許可を持っていない業者の実務経験も認められますので、安心してください。

※客観的に実務経験があることを証明する必要があります。

この実務経験の期間ですが、特例によって短くする方法があります。

①申請業種の実務経験が8年以上ある。

②振替可能な業種とあわせて12年以上の実務経験がある。

例えば、大工工事と内装仕上工事です。

この2業種の専任技術者は振替可能な業種です。

通常この2業種で専任技術者になろうとすると、それぞれ10年の実務経験が必要となり、合計で20年必要となります。

ただし、この2業種の専任技術者の実務経験は振替が可能なのです。

従って、この2業種の場合、大工工事の実務経験8年と内装仕上工事の実務経験8年の合計16年で両方の専任技術者となる事が可能です。

この様に色々な方法で建設業許可の要件を満たせる可能性もありますので、諦めずにチャレンジしてほしいと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top