建設業許可の必要のない、軽微な工事とはどのようなものですか?

建設業許可の必要のない、軽微な工事とはどのようなものですか?

Q.この度、建設業の経営を始めようとしています。建設業許可の取得には、要件があり、その要件を満たさなければ、許可の取得はできないと聞きました。この場合、建設業を営むことはできないのでしょうか?

A.建設業許可がなければ、建設業を営むことができない訳ではありません。軽微な工事であれば、許可の取得は必要なく、軽微な工事を請け負いながら要件を満たし、許可の取得を目指せば良いと思います。

1.軽微な工事について

①建築一式工事の場合は次のいずれかに該当する場合

(1)一件の請負代金が1,500万円未満の工事(消費税込み)

(2)請負代金にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の2分の1以上を居住用とするもの)

②建築一式工事以外の建設工事

一件の請負代金が500万円未満の工事(消費税込み)

この「軽微な工事」で経験を積みながら、許可の要件を満たせば良いと思います。

許可の要件とは以下のとおりです。

2.建設業許可の要件

建設業許可を取得するためには、以下の①から⑤の全ての要件を満たす必要があります。

①経営業務の管理責任者がいること

②専任技術者を営業所ごとに置いていること

③請負契約に関して誠実性を有していること

④請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること

⑤欠格要件等に該当しないこと

上記の要件をすべて満たし、建設業許可申請書に不備がなければ許可となります。

  • お問い合わせはこちら
Top