建設業許可の業種追加について

建設業許可の業種追加について

Q.既に建設業許可を取得しておりますが、この度新たに別の許可の取得を考えております。どうすればよろしいでしょうか?

A.建設業許可の業種追加については、要件を満たせば当然可能です。既に建設業許可を受けているのであれば、イメージはつきにくいのでは、ないでしょうか。

建設業許可の業種追加については、大きく分けて以下の2種類のパターンに分かれます。

・既に許可を受けている建設業許可について、一度も更新をしていない場合。

・既に許可を受けている建設業許可について、一度以上更新をしている場合。

それぞれ説明していきます。

既に許可を受けている建設業許可について、一度も更新をしていない場合。

追加取得しようとする建設業許可の業種について、新規申請の時と同様の要件を備えなければなりません。

すなわち建設業許可を取得するための要件とは、以下の通りです。

1.経営業務管理責任者がいること

2.専任技術者を営業所ごとに置いていること

3.請負契約に関し誠実性を有していること

4.請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること

5.欠格要件等に該当しないこと

上記の要件を満たす必要があります。
続いて、建設業許可を一度でも更新している場合です。

既に許可を受けている建設業許可について、一度以上更新をしている場合。

上記の建設業許可申請の要件のうち、「請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること」に関しては、証明不要となります。

その他の要件に関しては、証明が必要です。

建設業許可の一本化について

建設業許可の業種追加によって、許可日の異なる2つ以上の許可を取得する場合があります。この状態ですと、それぞれの許可日で5年毎に更新申請をする必要が生じてきます。

これでは、許可更新の管理に支障をきたしますし、コストも2倍かかってしまいます。

この様な場合に対処するために、許可の一本化とという事が可能となります。

これは、建設業許可の更新手続きをする際に、有効期間が残っている他の許可業種についても同時に許可の更新を行い、以後同一の許可日にするというものです。

建設業許可の業種追加を行った際には、是非ともこの許可の一本化を行うと良いと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top