建設業許可証と許可通知書とは?

建設業許可証と許可通知書とは?

建設業許可を取得すると建設業許可証が送られてきます。

これにより建設業許可を取得していることが証明されます。

ただし、建設業許可証と書かれている訳ではなく、通知書と書かれています。

従って、許可通知書と言ったりもします。

この許可通知書の中には書いてあることは

・商号(会社名)
・会社の所在地
・代表者
・許可の業種
・有効期間
・許可番号

などが記載されています。
ちなみにこの許可証は一度しか発行されません。

発行されるタイミングは

・新規で許可を取得したとき
・許可を変更したとき
・業種追加したとき

などに発行されます。

つまりそれ以外のタイミングでは発行されませんので、なくしたら大変ですが、さすがになくされてしまう方は少ないかもしれません。

ただし、困るのが商号の変更や、所在地、代表者の変更などです。

この様な場合でも許可通知書の再発行はなく、現在の情報と異なるという事になってしまいます。

そんな時に役に立つのが「許可証明書」です。

こちらは建設業課で発行しており、現在の情報が正しく記載されております。

これにより変更した点も客観的に分かるため、元請に提出する書類としても安心です。

  • お問い合わせはこちら
Top