建設業(電気工事業)の始め方

建設業(電気工事業)の始め方

Q.電気工事で建設業を始めたいと考えていますが、何から始めれば良いか分かりません。できれば最初から建設業許可も取得したいと考えています。

A.建設業を始めるには、以下の順番がスムーズです。

1.法人で建設業を営むか個人で建設業を営むかを決める。

現在は、法人設立も容易にできるようになりましたので、将来的に会社を大きくしたいと考えているのであれば、初めから法人で設立した方が良いと思います。

ここで一つポイントを挙げるとすれば、建設業許可申請の要件の中に500万円以上の資金調達能力があるというものがあります。

従って、初めから、建設業許可の取得を目指すのであれば、資本金を500万円以上にして、会社を作るようにします。

2.電気工事業の登録を行う。

電気工事業を営む場合、建設業許可の他に電気工事業を営む者の登録が必要となります。

建設業許可は必須ではありませんが、この登録は必須ですので、必ず行いましょう。

3.建設業許可申請の要件を検討する。

建設業許可には、取得のための要件があります。主なものは以下の3点です。

・経営業務管理責任者の要件

電気工事業に関し、5年以上の経営業務を管理した経験があること。又は電気工事業以外の建設業に関し、7年以上経営業務を管理した経験があること。

・専任技術者の要件

一定の国家資格を有しているか、又は一定の経験を持っている方を専任技術者として営業所に置いておく必要があります。

・財産的要件

500万円以上の資金調達能力があること

建設業許可を取得するための要件で主なものは上記のとおりです。これらの要件を確認し、許可取得が可能と判断できれば、許可取得に着手しても良いと思います。

大まかな流れは以上となります。

新たに建設業を営む方にとっては、経営業務管理責任者の要件が一番のポイントになると思います。

従って、建設業許可はこの要件を満たすまで、待つ必要があるかもしれません。

しっかりと見極めて動いていきましょう。

  • お問い合わせはこちら
Top