役員に執行猶予中の人がいる場合

役員に執行猶予中の人がいる場合

普通はあまり問題にはなりませんが、建設業許可申請の要件の中には、

「欠格要件」

というものがあります。

この欠格要件の中に

「禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又はその刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者」

というものがあります。

つまり、

①禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わってから5年経っていない。

②禁錮以上の刑に処せられ、執行猶予中である。

この①②の方が役員にいる場合、建設業の許可を受けることができないという事です。

また、執行猶予に関しては、その猶予期間を経過してから5年経過する必要はなく、執行猶予の期間の終わった時点で欠格要件にはあたらなくなります。

この欠格要件に該当すると、建設業許可を受けることはできませんし、

既に建設業許可を取得していた場合は、許可取消となります。

「執行猶予なんてどこにも書いてないからバレないだろう(–;」

なんて考えないで下さいね。バレますから。

また、禁錮以上の刑で執行猶予なんて自分には関係のない話だと思うのも危険です。

飲酒運転や交通事故などでも、禁錮以上の刑となる事もあります。

われわれ行政書士もそうですが、個人事業主や法人役員となったら、より一層気を付けなければなりませんね。

「建設業許可がなければ、元請から仕事をもらえない」

などと言う場合は、一気に廃業の危機です。

自分の生活だけでなく、従業員がいる場合には、その従業員や家族にまで、心配をかけることになります。

もう飲酒運転が許される時代ではないことは、重々承知だとは思いますが…。

お互いに気を付けましょうね。

  • お問い合わせはこちら
Top