成約率を一気に上げるポイント

成約率を一気に上げるポイント

営業は難しいものではありません。

営業のプロセスを簡単に説明すると、以下の通りとなります。

1.見込客を集客する。

→厳密言えば集客は営業ではありませんが、集客なくしては営業は成り立ちませんので、まず第一のステップとして、集客を挙げておきます。

2.集客した見込客の話をしっかりと聞く。

→ここで今すぐ欲しいお客様か、そのうち買いたいお客様かを見極めます。その見極めができませんと、そのうち買いたいお客様にも一生懸命営業をしてしまい、時間を無駄にすることになります。

3.成約する。

→成約することによって、取引開始となります。この後は以下にリピートして頂くかを考えます。

以上の流れとなります。

ただし、ここで一つ成約率を大幅にアップするためのテクニックがあります。上記の2と3の間にもう一つのステップを挟むのです。

そのステップとは「仮申込書を書いてもらう」というステップです。

この仮申込書を書いて頂くか否かで、その後の成約率は大きく変わります。

仮とは言え一度申込書を書いたことで、お客様は次のステップに移りやすくなるのです。

仮申込書をご記入頂くには

ここで、仮申込書を書いて頂くポイントを記載しておきます。

1.お客様にとって、仮申込書を記載する明確なメリットを提示してあげること

具体的には、仮申込書をご記入頂ければ、割引がきくなどが良いでしょう。また、限られた数しかない商品の場合には、無くなってしまうリスクがありますので、仮申込書を書いて頂くメリットを伝えやすくなります。

2.仮申込書はキャンセルしてもペナルティがないことを伝えてあげること

仮申込書は、あくまでも成約に至るまでのステップの一つです。ここでは、書いて頂く人数を増やすことが重要ですので、キャンセルしてもペナルティがないことは、十分にご説明し、お客様の心理的なハードルを下げてあげる必要があります。

以上のステップにより、成約率は大きく上げることができます。

また、仮申込書を記載して頂いたお客様がキャンセルになった時は、今すぐに買うお客様であれば、理由を見極めて別の商品をお勧めします。そのうち買うお客様であれば、定期的な追客をすることにより、徐々に成約していきましょう。

このステップを挟むことにより、成約率を大幅に上げることができます。

簡単ですので、是非実践してみて下さい。

  • お問い合わせはこちら
Top