新設会社で建設業許可の取得は可能か?

新設会社で建設業許可の取得は可能か?

お客様からの質問の中に「新しく会社を作ろうと思うのだけど、建設業許可は取れますか?」というものが時々あります。

どうやら会社設立後、最低でも5年たたなければ建設業許可の取得はできないと考えている方もいらっしゃるようです。

ですが…。

新設会社でも要件を満たせば、建設業許可の取得は可能です。

何故なら、会社の社歴は要件には入っていないからです。

大事なのは社歴ではなく、その会社で働く「人の経験や資格」です。

つまり、新設会社でも、また社長自身が要件を満たさなくても要件を満たす人を雇用すれば、建設業許可の取得は可能です。

また、新設会社の場合は良い点もあります。

それは、提出書類が少々簡単なのです^^

あと、もう一点気を付けてほしい点もあります。

こちらは結構重要です。

新たに会社を設立する場合には、助成金や補助金がもらえるかを十分に検討してから、会社設立をしましょう。

助成金や補助金は、その時しかもらえないものも多く、会社設立の前しかもらえないものもあります。

格安の会社設立サービスに飛びついて、安易に設立を依頼したばかりに、後で後悔するケースもあるようです。

是非とも気を付けて下さいね。

  • お問い合わせはこちら
Top