機械器具設置工事についての説明

機械器具設置工事についての説明

機械器具設置工事は他の建設業種の中にも似た業種が多いため、良く分からないというご相談の多い業種です。

そこで今回は機械器具設置工事に関する説明をしていきたいと思います。

1.そもそも機械器具設置工事とは

機械器具設置工事とは、

・機械器具の組立て等により工作物を建設

・工作物に機械器具を取り付ける工事

を言います。

具体的には、

・プラント設備工事

・運搬機器設置工事

・内燃力発電設備工事

・集塵機器設置工事

・吸排気機器設置工事

・揚排水機器設置工事

・ダム用仮設備工事

・遊技施設設置工事

・舞台装置設置工事

・サイロ設置工事

・立体駐車設備工事

などをが機械器具設置工事に該当します。

2.他の建設業の専門業種の中の機会設置との違い

例えば、とび・土工・コンクリート工事の中には、

・機械器具・建設資材等の重量物の配置

というものがありますが、これは、

他の工作物と一体化することなく本来の性能を発揮できる機械を搬入することであり、

この点で機械器具設置工事とは違います。

3.その他の専門業種との区別方法

他の専門業種には、機械を設置するようなものがあり、非常に分かりにくいです。

つまり、他の専門業務でできる工事以外の「機械器具」を設置する工事が「機械器具設置工事業」にあたります。

それでは、他の専門業務を見ていきます。

・他の工作物を一体化することなく本来の性能を発揮できる機械を「搬入して設置」する工事

→とび、土工、コンクリート工事

・電気設備等を設置する工事

→電気工事

・配管等の管を設置する工事

→管工事

・データ通信設備等の電気通信設備を設置する工事

→電気通信工事

・消防設備を設置する工事

→消防設備工事

・ごみ処理施設等を設置する工事

→清掃施設工事

上記のもの以外のものが、機械器具設置工事にあたります。

機械器具設置工事に関する判断は非常に難しいので、迷ったら建設業許可申請を専門としている行政書士に相談することをお勧めします。

  • お問い合わせはこちら
Top