決算変更届(決算報告)について

決算変更届(決算報告)について

決算変更届とは、建設業許可申請を取得した後、毎事業年度4ヶ月以内に提出しなければならない書類です。ここでは、決算変更届に必要な書類などを解説していきます。

決算変更届に必要な書類

工事経歴書

直前3年の工事施工金額

財務諸表

事業報告書(特例有限会社を除く株式会社のみ提出)

納税証明書

変更のあった場合にのみ提出

使用人数

建設業法施行令第3条に規定する使用人の一覧表

定款の写し

届出の際に提示が必要な書類

現在有効な建設業許可申請書、変更届出書の副本(原本)

当該事業年度の法人税又は所得税の確定申告書(添付の決算報告書を含む)

※電子申請の場合は、紙に出力して提出

前記の決算変更届(決算報告)の副本(原本)

以上です。

決算変更届は、建設業許可を取得した後に毎年必要となるものです。初めはなかなか難しいかもしれませんが、しっかりと提出する必要があります。

これを怠っていると、5年毎に必要となる、建設業許可の更新申請の際に、5年分の決算変更届をまとめて提出する必要が生じます。

5年分をさかのぼって書類をそろえるのは大変ですから、しっかりと行いましょう。

  • お問い合わせはこちら
Top