現在は安い工事のみですが、許可取得の必要はありますか?

現在は安い工事のみですが、許可取得の必要はありますか?

Q.現在は安い工事しか行っていませんが、建設業許可を取得した方が良いのでしょうか?建設業を行うには、許可が必要だと聞きましたが、本当でしょうか?

A.建設業を営むからといって、必ずしも許可が必要というわけではありません。

建設業許可が必要となる場合は、以下のとおりです。

建設業許可が必要な場合

1.建設工事の発注者から直接工事を請け負う元請負人

2.元請負人から建設工事の一部を請け負う下請負人。

※ただし、下請負人のうち次に掲げる「軽微な工事」のみを請け負う場合は、許可が必要ありません。

建設業許可の必要のない軽微な工事

建築一式工事で次のいずれかに該当する場合。

①一件の請負代金が1,500万円(消費税込)未満の工事

②請負金額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事。
(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住用とするもの)

建築一式工事以外の建設工事

一件の請負代金が500万円(消費税込)未満の工事

上記の「軽微な工事」に該当する場合、建設業許可の取得の必要ありませんが、建設業許可を取得するメリットはあります。

建設業許可を取得するメリット

・今後、金額の大きな工事を請け負う事ができるようになる。

・建設業者としての社会的な信用を高める事ができる。

・今後の売上UP。会社の拡大に貢献する。

この様なメリットがありますので、このメリットに魅力を感じるのであれば、取得を検討しても良いのではないでしょうか?

ただし、建設業許可の取得には様々な要件を満たす必要がありますので、その点については、注意が必要です。

  • お問い合わせはこちら
Top