申請区分について

申請区分について

建設業許可申請には、次の5つの区分があります。

1.新規

2.許可換え新規

3.般・特新規

4.業種追加

5.更新

 

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

 

新規

 

現在有効な許可をどの許可行政庁からも受けていない者が、許可を申請する場合

 

まっさらな状態で申請する際は「新規」申請となります。

 

 

許可換え新規

以下のいずれかに該当することにより、現在有効な許可を受けている許可行政庁以外の許可行政庁に対して新たに許可を申請する場合

 

①国土交通大臣の許可を受けた者が、一つの都道府県の区域内にのみ営業所を有することとなったとき

 

(例)今まで、東京都、千葉県に営業所があったが、事業縮小のため東京都だけを営業所とした場合。

 

②都道府県知事の許可を受けたものが2以上の都道府県の区域内に営業所を有することとなったとき

 

③都道府県知事の許可を受けた者が当該都道府県の区域内における営業所を廃止して、他の一つの都道府県の区域内に営業所を設置することとなったとき

 

 

般・特新規

以下のいずれかに該当することにより、現在有効な許可を受けている許可行政庁に対して新たに許可を申請する場合

 

①特定建設業の許可のみを受けている者が新たに一般建設業の許可を申請する場合

(特定建設業の許可を有しなくなる場合は、「新規」となります)

 

②一般建設業の許可のみを受けている者が、新たに特定建設業の許可を申請する場合

 

 

業種追加

以下のいずれかに該当することにより、現在有効な許可を受けている許可行政庁に対して新たに許可を申請する場合

 

①一般建設業の許可を受けている者が、他の建設業について一般建設業の許可を申請する場合

 

②特定建設業の許可を受けている者が他の建設業について特定建設業許可を申請する場合

 

(例)現在、内装仕上工事の許可を持っているが、左官工事業の許可も取得する場合

 

 

以上のように、5つの区分があります。

 

区分に応じて必要書類や法定費用なども異なりますので、これから申請しようとする許可がどの区分に該当するか事前に確認しておきましょう。

 

 

  • お問い合わせはこちら
Top