管工事業で専任技術者になれる資格と実務経験

管工事業で専任技術者になれる資格と実務経験

専任技術者になれるのは、国家資格をはじめ各種資格を持っている方。

または、

学歴と実務経験が一定年数以上あるかのどちらかです。

ここでは、分かりにくい専任技術者になれる要件のうち、管工事業について説明します。

一般建設業許可

資格による証明

管工事施工管理技士[一級][二級]

技術士
機械「流体工学」又は「熱工学」・総合技術監理
上下水道・総合技術監理
上下水道「上水道及び工業用水道」・総合技術監理
衛生工学・総合技術監理
衛生工学「水質管理」・総合技術監理
衛生工学「廃棄物管理」、「廃棄物処理」又は「汚物処理」・総合技術監理

技能検定による証明

建築板金(ダクト板金作業)
冷凍空気調和機器施工・空気調和設備配管
配管(建築配管作業)・配管工

技能検定2級の資格については、資格取得後3年以上の実務経験が必要ですが、平成15年以前に合格した場合は、1年の実務経験で大丈夫です。

その他の資格による証明

給水装置工事主任技術者+資格取得後1年の実務経験
建築設備士+資格取得後1年の実務経験
計装(1級)+資格取得後1年の実務経験

※資格による証明では、資格者証の写しを添付するとともに、原本を提示する必要があります。

学歴+経験で証明する場合

対象となる学科

土木工学、建築学、機械工学、都市工学又は衛生工学に関する学科

※土木工学には、農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地、造園に関する学科を含みます。

実務経験

大学、高等専門+3年
高等学校+5年
学歴なし+10年

※実務経験の証明は、実務経験証明書(建設業許可申請の様式第九号)に、資格取得後の実務経験を記載して証明します。

  • お問い合わせはこちら
Top