管工事業を個人で営んでいる方から建設業許可についてのご相談

管工事業を個人で営んでいる方から建設業許可についてのご相談

Q.現在、個人で管工事業を営んでいます。先日元請業者より建設業許可を取得した方が良いと言われました。いろいろと調べてみましたが、良く分からないので教えて下さい。

質問1.個人で建設業許可申請の取得は可能ですか?

個人でも建設業許可の取得は可能です。ただし、気を付けるべき点は、個人から法人成りしたときには、再度建設業許可の申請をし直す必要があるという事です。法人化を予定しているような方は、予め法人にしてから、建設業許可を取得しても良いと思います。

質問2.建設業許可を持たない場合、受注金額の上限があるそうですが?

管工事業の場合は専門工事となりますので、一件の請負代金が消費税込で500万円以上となる場合には、建設業許可が必要です。

質問3.建設業許可の取得によって、どんなメリットがあるのか。また、デメリットはありますか?

メリットとしては

・専門工事の場合は、500万円以上の工事が受注できる。

・信用度が増す。

などの理由から、金融機関からの融資を受けやすくなったり、売上アップに繋がったりします。

デメリットとしては

・建設業許可の取得にお金がかかる。

・毎年決算変更届の提出が必要となる。

・5年毎に更新申請が必要となる。

などの理由がありますが、上記をしっかりと行っているからこその信用度アップとも言えます。

元請からの要請というきっかけではありますが、時代の流れから言っても取得できるときに建設業許可申請は取得しておいた方が良いと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top