経営業務の管理責任者と専任技術者は兼任できますか?

経営業務の管理責任者と専任技術者は兼任できますか?

Q.現在建設業許可申請の取得を考えていますが、当社には専任技術者になれる者が私しかいません。私が経営業務の管理責任者になりますので、専任技術者は別の者にする必要があるのでしょうか?

A.まず、建設業許可の要件について説明していきます。

建設業許可の取得に必要な要件は以下の5つです。

1.経営業務の管理責任者がいること。

2.専任技術者を営業所ごとに置いていること。

3.請負契約に関して誠実性を有していること。

4.請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること。

5.欠格要件に該当しないこと。
上記のうち、建設業許可申請の取得を考える時大きな障害となるのが、1.経営業務管理責任者の要件と2.専任技術者の要件です。
この、経営業務の管理責任者と専任技術者の双方の基準を満たしている者は、同一の営業所内において、両者を一人で兼ねる事ができます。
また、今回の場合は社長自らが経営業務の管理責任者と専任技術者を兼任するというケースですが、会社がまだ小規模の時は、社長が兼任するという方が良いでしょう。

従業員に専任技術者を任せていた場合、その従業員が退職すれば、建設業許可の要件を満たさなくなります。

その様なリスクをできるだけ避けられるよう、予め考えていく必要があります。

  • お問い合わせはこちら
Top