経営業務の管理責任者は他社の役員をやっても大丈夫?

経営業務の管理責任者は他社の役員をやっても大丈夫?

建設業許可申請の要件の一つで、最重要の要件ともいえる経営業務管理責任者についてのお話です。

経営業務管理責任者の要件を満たすには、建設業許可を取得しようとする業種で5年以上、経営者かそれに準ずる経験が必要となります。

※その他の建設業種では、7年以上です。

この経営業務管理責任者が、常勤の役員として会社にいることにより、建設業許可申請の一つを満たすことができます。

時々ある質問ですが、

「他社の役員をやっているのですが、大丈夫ですか?」

というものがあります。

経営業務管理責任者は常勤でなければなりません。

つまり、他社で常勤している場合は不可です。

ただし、他社で非常勤の場合は可となりますが、他社で常勤をしていないことを証明する必要があります。

また、他の会社や個人事業主として、建設業許可を取得しており、そこで経営業務管理責任者や専任技術者となっている場合には、新たに経営業務管理責任者となる事はできません。

考えてみれば、当然ですね。

他社の常勤でも良く、また他社の経営業務管理責任者でもなれるのであれば、一人の人が何社も兼務できるという事になります。

経営業務管理責任者は、その名のとおり、管理の責任があり、その能力があると認められる人ですので、常勤を求められるのは当然です。

  • お問い合わせはこちら
Top