経営業務管理責任者の変更と神奈川ルール

経営業務管理責任者の変更と神奈川ルール

建設業許可申請の一番の要件となる経営業務管理責任者の話です。

そもそも経営業務管理責任者とは、建設業の許可を受けるにあたり、一定期間経営者か同等の経験がある人が会社にいる必要があるのです。

その一定期間とは5年か7年です。

同一の業種であれば5年。

別の業種であれば7年。

つまり、7年以上の建設業の経営者をやれば、どの業種でも経営業務の管理責任者となる事ができ、建設業許可申請の最大に要件を満たせることにンります。

この経営業務の管理責任者ですが、変更すると届出をしなければなりません。

変更の届出は、変更してから2週間以内に行う必要があります。

変更後の届出ですので、うっかり忘れてしまう事はあるかもしれませんが、2週間過ぎてしまってもしっかり届出は行いましょう。

ただし、経営業務管理責任者の要件は満たしていることはゼッタイに必要です。

届出の時に審査をされます。

変更前の経営業務管責任者が急に亡くなるなどの理由で、変更が余儀なくされる時は気を付けましょう。

何故なら経営業務管理責任者は1日でも欠いてしまうと、建設業許可の要件を満たさず、取り消しとなります。

また、経営業務管理責任者は常勤でなければなりません。

経験と常勤。

この2点を満たさなければならないのです。

神奈川県の場合、代表取締役であれば、常勤であると見なしてくれます。

※ただし、他の会社の役員をやっていた場合などは、確認が必要です。

経営業務管理責任者の急な交替などの場合、神奈川県では代表取締役になって頂くのも一つの手です。

  • お問い合わせはこちら
Top