経営業務管理責任者の常勤性について

経営業務管理責任者の常勤性について

Q.この度、建設業許可の所得を考えております。ただし、現在の会社は設立後まだ2年しかたっておりません。また、社員を私を含め、3人です。私は以前、建設会社で勤務しておりましたが、役員ではありませんでした。ただし、現在私の会社を手伝ってくれている方(以下、「X」とします)が、ご自身の建設会社を持っていますので、この方を経営業務の管理責任者として許可申請をしようと考えておりますが可能でしょうか?

A.経営業務の管理責任者の確認資料は以下のとおりです。

経営業務の確認資料

1.現在常勤であることを裏付ける確認資料

①代表取締役や個人事業主の場合には常勤を裏付ける確認資料は不要です。

②他社で代表取締役や個人事業主である場合には、経営業務の管理責任者にはなれません。

今回の場合、上記の②に該当し、経営業務の管理責任者にはなれない可能性が高いです。

以上の結果から、今回Xさんを経営業務の管理責任者として申請するのは、諦めた方が良いでしょう。

今回の場合においては、別の経営業務の管理責任者を準備するか、社長が要件を満たすまで、お待ち頂く必要があります。

  • お問い合わせはこちら
Top