経営業務管理責任者(経管)に関する悩みを解決する

経営業務管理責任者(経管)に関する悩みを解決する

経営業務管理責任者(経管)は、建設業許可申請の中でも最も大きな要件です。

この要件を満たさなければ建設業許可を取得することはできませんし、

建設業許可取得後も、この要件を満たさなくなれば建設業許可の取消となります。

ですので…

経営業務管理責任者の要件をしっかりと確認し、速やかな許可取得と許可取得後の取消に備える必要があります。

そんな訳で、経管の要件を満たすために必要な経験を積む方法の中で、質問が多いものを書いていきます。

1.経験を積むのは建設業許可業者でしか認められないのか?

そんなことはありません。

経管の要件を満たすには、許可を取得する業種で5年以上、法人の取締役や個人事業主をしなければなりませんが、

この経験は、建設業許可業者である必要はなく、建設業者であれば大丈夫です。

2.経管になれる人がいない場合は、どうしても許可取得は不可能か?

自分自身が経管の要件を満たさなくても、許可取得は可能です。

方法は簡単で、「経管の要件を満たす人を雇えばよい」ということになります。

3.許可取消のリスクに備えるには

建設業許可申請を取得後も経管の要件は満たしておかなければなりません。

要件を1日でも満たさなくなれば、許可取消となってしまいます。

その為に経営業務管理責任者の要件を満たす人を、どんどん育てていく必要があります。

育てていく方法としては以下のような方法があります。

・代表者に家族がいれば、取締役として登記する。

・有力な社員がいれば取締役に選任する。

などの方法を取っていく必要があります。

4.経管と専任技術者は兼任は可能か?

建設業許可の要件の中に専任技術者というものがあります。

この専任技術者と経管は兼任できるのかという質問があります。

結論からいいますと、兼任は可能です。

ただし、「同一の営業所」で無ければなりません。

営業所が一つであれば問題はありませんが、営業所が複数ある場合は気を付けて下さい。

ちなみに

経営業務管理責任者は「主たる事務所に一人」いれば良く、

専任技術者は「営業所ごとに一人」で大丈夫です。

以上です。

経管の要件は経営業務管理責任者の中でも最も満たすのが難しいものです。

是非とも要件を記憶にとどめておいて頂ければと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top