変更届、更新申請の期間について

変更届、更新申請の期間について

許可を取得したあとは、許可業者として以下の事項は遵守する必要があります。

1.営業所及び工事現場に許可標識を掲示する。

2.毎事業年度終了後に決算変更届を提出する(4か月以内)。

3.5年毎に更新申請を行う(有効期間満了の3か月前から30日前まで)。

4.商号や名称等の変更があった時は、変更届を提出する(30日以内)。

5.経営業務管理責任者や専任技術者が変更した場合、変更届を提出する(14日以内)。

※ただし、中1日以上不在の期間がある場合は、許可を維持できなくなりますので注意が必要です。この場合、一度廃業届を提出した後に、再度新規申請を行う必要があります。

6.業種追加をする場合は業種対申請。一般・特定建設業の区分を変更する場合は一般・特定新規申請が必要です。

7.営業所の新設や廃止、所在地の変更などによって、許可行政庁が変更になる場合は、許可換え新規申請が必要です。

8.許可業者であることをやめたり、要件を欠いた場合は、廃業届の提出が必要です(30日以内)。

  • お問い合わせはこちら
Top