赤字決算でも建設業許可の取得は可能ですか?

赤字決算でも建設業許可の取得は可能ですか?

Q.現在小さい会社を経営しております。この度、建設業許可を取得したいと考えておりますが、前年度は赤字となってしまいました。赤字の会社でも建設業許可の取得は可能でしょうか?また、資本金が500万円以上必要だと聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

A.建設業許可には特定建設業許可と一般建設業許可があります。

特定建設業許可と一般建設業許可の違いは以下のとおりです。

特定建設業許可と一般建設業許可の違い

①特定建設業の許可

発注者から直接請け負った1件の工事代金について、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上となる下請契約を締結する場合。

※特定建設業許可が必要となる可能性があるのは、発注者から直接請け負う「元請業者の建設業者」であって、下請負人として工事をする場合には、特定建設業の許可を受ける必要はありません。

②一般建設業の許可

建設工事を下請けに出さない場合。または、比較的大規模な工事でも、その大半を自社で施工し、常時下請契約の総額が3,000万円未満の場合。

発注者から直接請け負う請負金額については、一般建設業であっても特定建設業であっても制限はありません

上記のうち、特定建設業に関しては、資産の要件が厳しく定められておりますが、一般許可の場合は「500万円以上の資産調達能力があること」となっています。

すなわち、会社の経営が赤字でも一般許可であれば、要件を満たすことが可能であり、要件を満たせば許可を受けられます。

また、「建設業許可の取得には500万円以上の資本金が必要ですか?」とご質問されることがありますが、これは誤りです。

一般許可の場合は資本金の金額は決められておりません。

  • お問い合わせはこちら
Top