軽微な工事について

軽微な工事について

建設業は、許可を取得していなければ営業ができないというわけではありません。いわゆる「軽微な建設工事」であれば許可は不要です。

 

「軽微な工事」とは

①建築一式工事では、1500万円未満の工事又は延べ床面積が150㎡未満の木造住宅工事

②建築一式工事以外の工事では、500万円未満の工事

 

とされています。

 

 

請負金額の算定に当たっての注意点

この請負金額の算定に当たっては、次の点に注意する必要があります。

 

ア.工事の完成を2つ以上の契約に分割して請け負うときは、それぞれの契約の請負代金の合計額とする。

イ.請負代金や支給材料に係る消費税、地方消費税が含まれる。

ウ.材料が注文者から支給される場合は、材料支給額が含まれる。

 

なお、アに関しては、「正当な理由」に基づく分割の場合には合算しないこととされていますが、

建設業法の適用を逃れるための分割ではないことを証明できることが必要です。

場合によっては、個別のケースごとに行政庁に判断を求める必要があるでしょう。

 

 

軽微な工事に該当しないと考えられるケース

①元請工期が長期間の場合で、500万円未満の工事を請け負った後に長期間の間を置いて

再度500万円未満の工事を請け負ったが、合計すると500万円以上になる場合

 

②1つの工事の中で独立した工種ごとに契約があり、個別には請負金額が500万円未満だが、

合計すると500万円以上になる場合

 

③はつり、雑工事等で断続的な小口の契約であるが、合計すると500万円以上になる場合

 

  • お問い合わせはこちら
Top