附帯工事とは何か?

附帯工事とは何か?

建設業は、取得した許可以外の建設工事を請け負う事は原則として禁止されています。

しかし、実際の建設工事では、複数の専門工事を組み合わせて施工しなければならない場合がほとんどです。

そこで、受注する建設工事に関連した工事を、附帯工事として一括して受注することができるのです。

ただし、主たる建設工事をするために必要な工事か、主たる建設工事を施工する事で必要なる建設工事に限られます。

※建設業許可を必要としない軽微な工事の場合は、そもそも許可を必要としませんので、工事を施工しても問題はありません。

1.附帯工事について

附帯工事とは以下の2点をいいます。

・主たる建設工事を施工するために必要な他の従たる建設工事

例)屋根の補修工事の際に、一部塗装をする必要がある場合に、塗装工事を行う場合など

・主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事

例)電気工事の際に、必要となった天井仕上工事や内装仕上工事など

2.附帯工事の条件

※附帯工事が軽微な工事となる場合には、そもそも建設業許可が必要ありませんので、こちらは問題となりません。

附帯工事を自ら施工する場合には、各専門工事についての主任技術者の資格を持っている者を専任の技術者として配置しなければなりません。

※受注した建設工事の主任技術者、管理技術者がその資格を持っている場合は兼任が可能です。

附帯工事を自ら施工しない場合には、施工する附帯工事の業種の建設業許可を持っている業者に下請に出す必要があります。

  • お問い合わせはこちら
Top