集めた見込客のうち、今すぐ買いたいお客様を成約する。

集めた見込客のうち、今すぐ買いたいお客様を成約する。

まずは多くの見込客を集めた中から、随時営業をしていきます。

この営業に苦手意識を持っている方が多いのですが、営業方法は非常に簡単です。

私の経験上ですが、集客した見込客全体を10としますと、以下の様に分類できます。

3…すぐに買いたいお客様

4…今すぐではないが、そのうち買いたいお客様

3…買わない方(お客様ではありません)

多くの営業マンは上記の分類がしっかりとできていないため、営業に苦手意識を持ちます。

すなわち、「今すぐではないが、そのうち買いたいお客様」や「買わない方」に対しても一生懸命営業をしてしまうので、嫌悪感を持たれたり、怒られたりして、凹むことになります。

この様なお客様はすぐには買わないお客様ですので、適切な追客を行う事によって、フォローしていきます。

ここでは、すぐに買いたいお客様を、いかにして成約にまで結びつけるかを説明していきます。

…とは言うものの、これは非常に簡単です。

何故なら、お客様自身が買いたいのですから、商品説明をしっかりとした上で、「いかがしますか?」と聞いてあげれば良いだけです。

そうすればお客様からは「買います」という答えが出てくるでしょう。

ここにはポイントも何もありません。新人営業マンでも買ってくれるお客様です。

多くの営業マンは毎月集客される、「すぐに買いたいお客様」のみを追いかけ、「今すぐではないが、そのうち買いたいお客様」には、ほとんどフォローしないために、「今月は売れない」などという言葉が出てきます。

実は、長く営業を続ければ続けるほど、この「今すぐではないが、そのうち買いたいお客様」のストックは増えていきます。

そのお客様に買って頂くことによって、「今月は売れない」などという事はなくなるのです。

次は、この「今すぐではないが、そのうち買いたいお客様」に買って頂くためにはどうすれば良いかの説明をします。

  • お問い合わせはこちら
Top