集客とセールスの違いを明確にできてますか?

集客とセールスの違いを明確にできてますか?

集客とセールスの違いを明確にできてますでしょうか?

この2つは明確に分けることで、それぞれの無駄を省くことができるようになります。

「そんなのわかってるよ~」

という方もいるかもしれませんね^^

ですが、いかがでしょうか。

自分で作ったチラシの文言に

「お申し込みはこちらまで!いますぐお電話下さい!」

みたいな文言を使っていませんか?

この文言の何が悪いのかと言いますと、

この文言では、集客とセールスの両方を同時に行っていることになります。

つまり、

いますぐ契約したいお客様しか反応できないという事になります。

…それでいいじゃないか。何がいけないんだ!

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それではダメです。

何故なら、これでは

「興味はあるが、いますぐ契約をしたくないお客様は連絡をしてくれない」

からです。

営業は、

・今すぐ契約したいお客様と、

・そのうち契約したいお客様

の両方で成り立っています。言うまでもなく、今すぐ契約したいお客様は今月の売上となります。

また、それに加えて、そのうち契約したいお客様のうち、しっかりと追客していたお客さんが成約し、今月売上になるのです。

すなわち、そのうち契約したいお客様のリストが増えれば増えるほど、今月売上見込がたち、売上が安定してきます。

このパターンをできるだけ早い段階で作る必要がある訳です。

つまり、

集客をする時は集客のみを目的として行う必要があります。

例えば、

リフォーム業者を経営しているのであれば、

「無料リフォーム相談会を開催します!しつこい営業は致しません。何でも聞いて下さい!」

とか、

「悪徳リフォーム業者を見極める3つのポイントを書いた小冊子を無料プレゼント!」

みたいに、リフォームに興味のあるお客様が欲しいくなるようなものを用意し、集客のみに集中します。

そして、見込客を集めてから、セールスに移るのです。

決して、集客とセールスを一緒にしてはいけません。

一緒にしたとたんに、集客の反応率が下がりますのでお気をつけて^^

  • お問い合わせはこちら
Top