雇用保険・健康保険・厚生年金保険の確認資料

雇用保険・健康保険・厚生年金保険の確認資料

経営事項審査(経審)の確認資料のうち、雇用保険・健康保険・厚生年金保険の確認資料です。

雇用保険の加入を証する書類

※加入している場合のみ、どちらかを添付

1.自社で申告納付の場合

労働(雇用)保険の保険料申告書(コピー)

※電子申請の場合は、申請を受け付けた旨印字された申告控え(コピー)+領収書(コピー)

2.労働保険事務組合に委託している場合

事務組合発行の保険料納入通知書(コピー)+領収書(コピー)

特に留意する事項(自社で申告納付の場合)

(1)申告書等は審査基準日の属する年度の概算または確定分どちらかでも可ですが、

必ず申告書に対応する領収書(コピー)を添付する必要があります。

(分納の場合は、少なくとも1期分を添付)

(2)口座振替している場合で、全納又は分納第1期分の振替日より前に申告する場合

①継続加入の場合

・前年度の保険料申告書(コピー)

・前年度の領収書(コピー)

・当年度の保険料申告書(コピー)

を全て添付する。

②新規加入の場合

・当年度の保険料申告書(コピー)

・念書

を全て提出します。

※念書は、任意の様式を使って、必ず納付する旨と、口座振替後直ちに通帳の当該引き落とし箇所のコピーを建設業課あてに提出する旨を記載し、代表者印を押印します。

健康保険の加入を証する書類

1.日本年金機構で加入する場合

→日本年金機構発行の保険料領収書(コピー)

2.健康保険組合に加入の場合

→健保組合の保険料の領収書(コピー)

3.建設国保組合に加入の場合

→建設国保加入証明書(原本)

※建設国保の場合は「加入」ではなく、「適用除外」にあたり、減点されません。

特に留意すること

決算日(審査基準日)の属する月分の保険料を受領した旨の領収書が必要です(納付した月の分ではありません)。

厚生年金保険の加入を証する書類

日本年金機構発行の保険料領収書(コピー)

特に留意すること

決算日(審査基準日)の属する月分の保険料を受領した旨の領収書が必要です(納付した月の分ではありません)。
以上です。

  • お問い合わせはこちら
Top