建設業許可申請の際に提示が必要な書類

建設業許可申請の際に提示が必要な書類

1.新規申請、許可換え新規申請をする場合

・直前決算の法人税又は所得税の確定申告書(確定申告書に添付された決算報告書を含む)の控え(原本)
(電子申請した場合は、申告した電子申告書と添付書類を紙に出力したもの及び税務署から送信された申告書の受信通知(メール詳細等)を紙に出力したもの)

・経営業務の管理責任者の常勤・経験、専任技術者の常勤・資格・経験、令第3条に規定する使用人の常勤を確認するための書類(原本)

2.一般・特定新規申請、業種追加申請をする場合

・現在有効な許可申請書、変更届出書の副本(原本)
(別綴じした役員(事業主)、令3条使用人に関する書類及び株主(出資者)調書を含む)

・直前決算の決算変更届の副本(原本)

・経営業務の管理責任者の常勤・経験、専任技術者の常勤・資格・経験、令第3条に規定する使用人の常勤を確認するための書類(原本)

※一般・特定新規申請、業種追加申請、更新申請をする場合、前回の許可後、今回の申請までの間に、直前決算期まで決算変更届を提出していること。また、役員、所在地、径業務の管理責任者、専任技術者などを変更した場合は、それらの変更届を提出していることが必要です。

3.更新申請をする場合

・現在有効な許可申請書、変更届出書の副本(原本)
(別綴じした役員(事業主)、令3条使用人に関する書類及び株主(出資者)調書を含む)

・直前決算の決算変更届の副本(原本)

・経営業務の管理責任者の常勤・経験、専任技術者の常勤・資格・経験、令第3条に規定する使用人の常勤を確認するための書類(原本)

※一般・特定新規申請、業種追加申請、更新申請をする場合、前回の許可後、今回の申請までの間に、直前決算期まで決算変更届を提出していること。また、役員、所在地、径業務の管理責任者、専任技術者などを変更した場合は、それらの変更届を提出していることが必要です。

  • お問い合わせはこちら
Top