専任技術者の確認資料 その②

専任技術者の確認資料 その②

専任技術者の要件と必要添付書類、確認資料

1.一般建設業の場合

要件

①所定学科卒業後、申請業種について大卒で3年以上、高卒で5年以上の実務経験を有する場合

証明する書類

※所定学科の卒業証明書(原本)又は卒業証明書写し(原本提示)
※実務経験証明書
※業種の経験、在籍の確認資料

②申請する業種について10年以上の実務経験を有する場合(同一人で複数業種の実務経験の重複は認められない。)

証明する書類

※実務経験証明書
※業種の経験、在籍の確認資料

③国家資格等を有する場合(併せて実務経験が必要な場合、実務経験は資格取得後の経験であることを要する。)

証明する書類

※資格者証の写し
※必要に応じて実務経験証明書と業種の経験、在籍の確認資料

2.特定建設業の場合

要件

①許可を受けようとする建設業の業種に応じて国土交通大臣が定めた試験に合格した者、又は建設業の種類に応じて国土交通大臣が定めた免許を受けた者

証明する書類

※資格者証の写し

②一般建設業の専任技術者の要件を満たし、更に元請として、4500万円以上の工事について2年以上の指導監督的実務経験を有する場合

証明する書類

※一般建設業の専任技術者の資格を有することを証明する資料
※指導監督的実務経験証明書及びその確認資料

  • お問い合わせはこちら
Top