建設業許可を取得することのメリット

建設業許可を取得することのメリット

建設業許可を取得しなくても建設業を行う事は可能ですが、建設業許可を取得したいと考えている建設業者はたくさんいます。

なぜかと言いますと、当然建設業許可を取得するメリットがあるからです。

それでは建設業許可を取得するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか?

・金額の大きな工事も請け負えるようになる。

1件の請負金額が500万円以上の工事を請負うためには建設業の許可が必要になります。従って、無許可の業者と比べて大きな仕事を請け負う事が可能となります。

・建設業者としての社会的な信用を高める事ができる。

建設業の許可を受けるためには、いくつかの要件を満たす必要があります。その為、許可を受けていることで、対外的に健全な会社であることを証明する事に繋がります。結果として、元受の業者や金融機関などからの信用も高まり、仕事の受注や融資などにも良い影響を与える事になります。

・経営事項審査を受け、公共工事の入札に参加する事ができる。

軽微な工事を除く公共工事に入札するには、経営事項審査を受けておく必要がありますが、経営事項審査は建設業の許可を取得しておかなければ受ける事ができません。従って、まずは建設業許可を取得しておく必要があります。

以上の結果から、建設業許可を取得することにより、今までよりも大きな仕事を引き受ける事ができます。また、社会的な信用が高まることにより、仕事の受注量を増やしやすくなるでしょう。

結果として、売上アップや会社の発展に繋がります。

建設業許可を取得し、今よりもさらに会社を強く、大きく発展させるための武器として活用してください。

  • お問い合わせはこちら
Top